BINANCE(バイナンス)の手数料はいくら?手数料の一覧や安く抑える方法を解説

海外の仮想通貨取引所であるBINANCE(バイナンス)を利用する際に気になるのが、手数料の金額についてです。

取引の度に発生する手数料は、安いほうがお得に取引が進められます。

仮想通貨取引所ではさまざまな手数料が発生するので、どのような手数料の種類があるのか事前確認は重要です。

今回はバイナンスを利用する際に発生する手数料の一覧や金額について解説していくので、参考にしてみてください。

目次

バイナンスの手数料一覧を紹介!

バイナンスを利用する前に、手数料はいくらかかるのか事前調査は大切です。

主にバイナンスで発生する手数料の一覧は、下記の通りになります。

  • 入金手数料
  • 取引手数料
  • 出金手数料

手数料それぞれの特徴や金額について解説していくので、参考にしてみてください。

基本無料の「入金手数料」

仮想通貨取引所のなかには、仮想通貨の取引を行うために入金した際、「入金手数料」が発生するケースもあります。

しかしバイナンスでは法定通貨・仮想通貨に関係なく、入金手数料は一切かからないので安心してください。

どれだけ入金しても手数料は発生しないので、お得に取引が始められます。

一律0.1%の「取引手数料」

仮想通貨取引所では、仮想通貨を交換する時に発生する手数料「取引手数料」がかかります。

取引手数料は仮想通貨を交換する度に発生します。そのため何度も交換すると手数料が余計にかかるため注意が必要です。

取引手数料の負担を減らすために、取引の頻度を下げて長期的な資産運用をするのも一つの方法でしょう。

バイナンスの場合は、仮想通貨の取引に生じる取引手数料は一律0.1%です。

他の取引所と比較すれば、一律0.1%の取引手数料は安いと言えるでしょう。

またバイナンスは独自のトークンである「BNB」を利用して取引手数料を支払えば割引される制度も用意されています。

より安く取引するなら、BNBの利用も検討してみてください。

仮想通貨によって異なる「出金手数料」

仮想通貨取引所では、保有している仮想通貨を他の取引所やウォレットに送金する場合、「出金手数料」が発生します。

出金手数料は送金する度に発生するので、まとめて送金したほうが手数料を抑えて取引できるでしょう。

バイナンスの場合は、仮想通貨によって出金手数料が異なります。

バイナンスの出金手数料一覧としては、下記の通りです。

仮想通貨銘柄 出金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0005BTC
イーサリアム(ETH) 0.005ETH
バイナンスコイン(BNB) 0

(2021年11月現在)

独自トークンであるBNBを出金する場合は、手数料が無料になるので、出金手数料を抑えたいならBNBの利用も検討してみてください。

バイナンスの手数料を抑えるためには?

仮想通貨の取引を行うなら、手数料は安く抑えてお得に取引所を利用したいと考えている方は多いでしょう。

そんな方のために、バイナンスを利用する際の手数料を抑えるコツについて解説していきます。

主にバイナンスの手数料を抑えるコツとしては、下記の通りです。

  • 独自トークン「BNB」を利用する
  • 出金回数を抑える
  • 出金手数料が無料の仮想通貨を利用する

上記のポイントについて、具体的にどのようにすれば手数料を抑えられるのか解説していきます。

独自の仮想通貨「BNB」を利用する

バイナンスには独自トークン「BNB」があります。

バイナンスでの取引時にBNBを使用して取引手数料を支払うと、手数料が25%以上割引になる制度があるため、お得に取引可能です。

BNBで取引手数料を支払う方法は、「アカウント」のなかにある「Using BNB to Pay for fee」の横にあるスイッチを押せば設定できます。

バイナンスで取引手数料を抑えるなら、BNBを有効活用していきましょう。

出金回数はできるだけ少なくする

出金手数料は、他の取引所やウォレットに送金する度に発生する手数料です。

そのため手数料を抑えるためには、出金回収はできるだけ少なくして手数料の発生を防ぐ必要があります。

何度も出金していると、それだけ手数料の発生につながるため、できるだけまとめて出金しましょう。

出金手数料が無料の仮想通貨を活用する

バイナンスでは出金手数料が無料の仮想通貨があります。

それは「NEO」と呼ばれる仮想通貨で、完全無料で出金できるのでお得です。

できるだけ出金手数料を抑えたいなら、一度取引して得た仮想通貨をNEOと交換し、出金する方法があります。

どのくらい手数料がかかるのか計算し、よりお得に出金できる手段を講じていきましょう。

バイナンスで手数料がお得になる「BNB」って?

バイナンスの独自トークン「BNB」とは、具体的にどのような仮想通貨なのでしょうか。

主にBNBの特徴としては、下記の通りです。

  • バイナンスの取引手数料が割引される
  • BNBの通貨ペアは取引手数料無料
  • 需要の増加に期待

具体的な特徴について解説していくので、参考にしてみてください。

取引手数料が割引になるキャンペーン実施中

バイナンスでは、BNBで取引手数料を支払えば手数料の何%かが割引されるキャンペーンを実施しています。

現在では取引手数料25%オフのキャンペーンが実施中なので、お得に取引可能です。

これから割引がどのように変化していくかわかりませんが、今ならBNBで取引手数料を支払えば、お得に取引できます。

BNBの通貨ペアで取引すれば手数料無料

バイナンスではBNBの通貨ペアで取引を実施すれば、取引手数料が無料になる制度が設けられています。

BNBの通貨ペアは取引量が多い主要コイン以外にも、下記のような仮想通貨も該当しているので事前に確認しておきましょう。

  • イオス
  • ステラ
  • カルダノ

日本の仮想通貨取引所では取引されていない仮想通貨も対象となっているので、ぜひ利用を検討してみてください。

買い戻しによる需要の増加が見込まれる

バイナンスの方針として、利益を活用してBNBの買い戻しを定期的に行っています。

その数は全発行数量の25%と言われており、今後はBNBの供給は減少すると想定されているようです。

そのためBNBの需要は今後高まる可能性があるため、今のうちに購入しておく価値はあります。

取引手数料を割引してもらうための手段だけでなく、資産運用としてもBNBは保有しておいて損はないでしょう。

バイナンスの手数料を他取引所と徹底比較

バイナンスの手数料について紹介してきましたが、実際に他の仮想通貨取引所と比較すると、どの程度安いのでしょうか。

バイナンスと他取引所の手数料について比較したので、参考にしてみてください。

バイナンス一律0.1%の取引手数料は安い

他の仮想通貨取引所と比較したところ、取引手数料一律0.1%は安いと感じました。

実際に、他の仮想通貨取引所の取引手数料はどの程度なのか表にまとめたので、こちらも参考にしてみてください。

仮想通貨取引所 取引手数料
バイナンス 0.1%(BNB利用で0%)
ビットフライヤー 0.01~0.15%
フォビ(huobi) 0.2%

このように他の仮想通貨取引所と比較しても、一律0.1%の取引手数料は安いことがわかります。

また取引手数料の支払いにBNBを指定すると、取引手数料を25%以上割引されるので、さらにお得です。

仮想通貨取引の際に取引手数料を安く抑えたいなら、バイナンスを選びましょう。

出金手数料に関しては平均的

バイナンスの出金手数料に関しては、他の仮想通貨取引所と比較しても、それほど大きな違いは感じませんでした。

平均的な金額設定となっているので、出金手数料はそれほど意識しなくても良いかもしれません。

他の仮想通貨取引所と比べて、出金手数料はどのように違うのか下記の表にまとめています。

仮想通貨取引所 出金手数料(BTC) 出金手数料(ETH) 出金手数料(NEO)
バイナンス 0.0005 0.005 無料
ビットフライヤー 0.0004 0.005 取り扱いなし
フォビ(huobi) 0.0005 0.005 無料

バイナンスの出金手数料を抑えるなら、仮想通貨「NEO」を利用する方法があります。

NEOなら出金手数料は無料なので、他の仮想通貨から交換すれば出金手数料を安く抑えられるかもしれません。

また出金手数料を抑えるなら、頻繁に出金手続きを行わず、まとめて出金しましょう。

バイナンスの手数料が高くついてしまう取引方法

比較的手数料の安いバイナンスですが、取引方法によっては手数料が高くついてしまう可能性があります。

主にバイナンスで手数料が高くなる取引方法としては、下記のような方法が考えられるでしょう。

  • 頻繁に出金手続きを行う
  • BNBの割引を利用しない

具体的な内容について解説していくので、参考にしてみてください。

頻繁に出金手続きを行う

仮想通貨取引所で出金手続きを行うと、手続きの度に「出金手数料」が発生します。

そのため頻繁に出金手続きを行っていると、都度出金手数料の支払いが求められるため、手数料の負担が大きくなるでしょう。

できるだけ出金手続きは必要な時のみに抑えて、まとめて出金することをおすすめします。

またバイナンスでは出金手数料が無料の仮想通貨「NEO」を利用すれば、出金手数料の負担が抑えられます。

BNBの割引を利用せずに取引を行う

バイナンスの独自トークンである「BNB」を取引手数料の支払いに活用すれば、25%もの割引サービスが受けられます。

BNBを取引手数料の支払いに利用しなかった場合は、一律0.1%の手数料がかかるので注意しましょう。

よりお得に仮想通貨の取引を行いたいなら、BNBを取引手数料の支払いに活用してください。

バイナンスの手数料でよくある質問

バイナンスをお得に利用するためには、手数料に関する疑問は解消させておく必要があります。

バイナンスの手数料でよくある質問を紹介していくので、利用する際の参考にしてみてください。

バイナンスの取引手数料はどれくらいかかる?

バイナンスの取引手数料は記事内で解説している通り、一律0.1%はかかります。

ただ独自の仮想通貨である「BNB」を取引手数料の支払いに利用すれば、割引サービスが受けられるので、お得に取引可能です。

取引方法をよく検討して、取引手数料がかからない手段を検討してみてください。

バイナンスの取引をお得にするためには?

バイナンスの取引をお得にする手段はいくつかあります。

主にお得にするための手段としては下記の通りです。

  • BNBで取引手数料の支払いを行う
  • 出金は仮想通貨「NEO」で行う
  • 出金回数はまとめて行う

特に出金回数に関しては、出金手続きの頻度を抑えて、まとめて出金すれば大きな負担になる心配がありません。

自分が実践できる手段を選んで、バイナンスでお得に取引していきましょう。

バイナンスのスプレッドはいくら?

スプレッドとは、仮想通貨の「買値」と「売値」の差額を意味しています。

仮想通貨取引所の多くはスプレッドを設けており、購入した金額と同じ状態で売却するとスプレッド分の損失が生まれるので注意してください。

しかしバイナンスの場合は、取引所形式が採用されているため、スプレッドは設けられていません

差額を意識せずに仮想通貨の売買ができるので、効率よく取引が始められます。

バイナンスの両替手数料の確認方法は?

バイナンスでは購入した仮想通貨を他の仮想通貨に両替でき、その際に手数料が発生します。

事前に両替手数料について理解していないと、損してしまう恐れがあるので把握しておきましょう。

バイナンスの両替手数料について解説していくので、参考にしてみてください。

バイナンスには両替機能が存在している

バイナンスには、仮想通貨の資産を他の仮想通貨と両替する機能が備わっています。

両替するメリットとしては、バイナンスで定められている出金手数料が仮想通貨ごとに異なるため、出金手数料が安い仮想通貨に両替するとお得になることなどが考えられるでしょう。

保有している仮想通貨から、将来性のある仮想通貨に両替して資産として残すメリットもあり、両替機能があれば柔軟な取引が実現できます。

ウォレットから「フィアットと現物」を選択する

バイナンスの両替機能を利用するなら、まず公式サイトにアクセスし、「ウォレット」から「フィアットと現物」を選択してください。

そこから両替する仮想通貨を入力し、両替する対象の仮想通貨を選ぶ画面に移行します。

両替元の通貨を入力して「コンバート」ボタンを押す

「フィアットと現物」を選択した後は、ページの左側にある検索窓で両替元の仮想通貨を入力してください。

仮想通貨を選択したら、隣に表示されている「コンバート」ボタンを押しましょう。

コンバートボタンを押した後は、両替する金額と両替したい仮想通貨を入力すれば、両替手数料が表示されます。

仮想通貨によって両替手数料は異なるので、事前に確認しておきましょう。

バイナンスの手数料で知っておきたいポイント

バイナンスで仮想通貨の取引を行うなら、手数料に関する知識について知っておきたいポイントがあります。

把握しておきたい主なポイントは、以下の通りです。

  • BNB取引手数料の割引率は年々低下する
  • バイナンスの資金調達率は3回にわけて引かれる

「BNB」取引手数料の割引率は年々低下する

バイナンスでは「BNB」を利用して取引手数料を支払えば、割引が適用されると紹介してきました。

このBNBの割引率は、2017年にバイナンスが設立されてから年数が経つほど、割引率は低下するものでした。

詳しい割引率については、下記の表の通りです。

バイナンスを設立して経過した年月 割引率
1年目 50%
2年目 25%
3年目 25%
4年目 6.75%
5年目 なし

この通りの割引率にする予定で、本来なら設立してから4年後、2021年には割引率は「6.75%」となるはずでした。

しかしバイナンスはユーザーの継続的なサポートに感謝を込めて、2022年の7月13日まで割引率「25%」でサービスを行うと発表しています。

今なら取引手数料の割引率が高いので、効率の良い取引が行えるでしょう。

バイナンスの資金調達率は3回にわけて引かれる

仮想通貨取引所における「資金調達率」とは、「無期限契約価格」と「現物価格」の差で生じる手数料を指しています。

無期限契約価格と現物価格の差が大きいほど手数料が高くなるので、注意が必要です。

この資金調達率は、「午前1時」「午前9時」「午後5時」に毎日引かれる設定になっています。

資金調達率によって余計な手数料の支払いが発生しないよう、手数料が引かれるタイミングの前に仮想通貨を売りに出す方法も、効率よく取引するために必要です。

資金調達率は状況によって、数値が変化します。

仮想通貨の売買を行うなら、資金調達率について理解した上で取引を行っていきましょう。

バイナンスは手数料が安い以外にもメリットがある

バイナンスは他の仮想通貨取引所と比較しても、手数料は安い傾向にあります。

それ以外にも、バイナンスで取引するメリットはあるので、事前に把握しておきましょう。

主にバイナンスで取引するメリットとしては、下記の通りです。

  • 口座開設に必要な個人情報はメールアドレスのみ
  • ハードフォーク対応で取引遅延が発生しにくい
  • 売買可能な仮想通貨の種類が豊富

口座開設に必要な個人情報はメールアドレスのみ

バイナンスで取引するメリットとしては、口座開設が簡単にできる点が挙げられます。

多くの取引所は口座開設の際に、本人確認書類の提出が必要です。

しかしバイナンスは、口座開設する際に必要な個人情報は「メールアドレス」のみ。

後は自分で決めたパスワードを設定すれば、誰でもバイナンスで口座開設できます。

ハードフォーク対応で取引遅延が発生しにくい

ハードフォークとは、仮想通貨のブロックチェーンを分割して記録する技術を指しています。

分割して記録すれば、仮想通貨の取引に関する処理速度が向上し、円滑な取引が実現可能です。

ハードフォークに対応しているバイナンスでは、取引遅延といったトラブルが発生しにくく、売買のチャンスを見逃す心配がありません。

より効率よく仮想通貨の取引を行うなら、ハードフォーク対応のバイナンスはおすすめです。

売買可能な仮想通貨の種類が豊富

バイナンスで売買可能な仮想通貨の種類は、200種類以上と言われています。

主要コインである「ビットコイン」だけでなく、「NEO」など日本の仮想通貨取引所では取り扱っていない仮想通貨も購入可能です。

バイナンスで取り扱っている仮想通貨のなかには、マイナーな仮想通貨もあります。

マイナーな仮想通貨を購入するメリットとしては、将来価値が上がる可能性があること出金手数料が安いことなどが挙げられるでしょう。

取扱通貨が多いほど柔軟な取引が可能なので、さまざまな仮想通貨を購入して運用したい方はバイナンスを利用してみてください。

バイナンスを利用する時は手数料を確認する

バイナンスで仮想通貨の取引を始める前に、手数料はどの程度かかるのか事前に確認しておくことは大切です。

主にバイナンスでかかる費用は、「出金手数料」と「取引手数料」の2つ。

他の取引所で発生する「入金手数料」は、バイナンスでは基本発生しません。

よりお得に取引を進めるなら、独自トークンの「BNB」を利用したり、出金回数を減らしたりする方法があります。

効率よく取引を行うためにも、バイナンスでかかる手数料はどの程度なのか把握しておきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる