BINANCE(バイナンス)の使い方をわかりやすく解説!登録から入金、出金まで手順で教えます!

最近世間で話題となっており、様々なメディアで取り上げられているBINANCE(バイナンス)。

仮想通貨取引所の中でも手数料が安いことから、話題になっています。しかし取引所が海外にあるため不安に思う方も多いのではないでしょうか

今回はバイナンスについて基本的な情報から使い方、メリットやデメリットだけでなく口コミまで詳しく紹介します。

これからバイナンスで取引をする方でも分かるような説明になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

バイナンスってどんな取引所?基本情報をチェック

バイナンスは、2017年7月に中国でスタートした仮想通貨取引所です。他の仮想通貨取引所に比べて新しく、登録者が半年で600万人を超えたことから、非常に人気な取引所であることが分かります。以前は本社が香港にありましたが、今は拠点をマルタ島に移しました。

バイナンスは世界最大級の仮想通貨取引所と呼ばれており、700種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

またバイナンスの特徴は、取引開始までに時間がかからないところ。

仮想通貨の取引を行う場合、日本の取引所では本人確認をする必要があり、仮想通貨の取引を始めるまで最長で数週間かかることもあります。

しかし海外の仮想通貨取引所では本人確認の時間を待たずに取引を始められるため、バイナンスも同様に待ち時間なく始めることが可能です。

他にもスマートフォンでの登録や取引に対応しているため、パソコンを持っていない方や外出先でも取引ができます。

取り扱い通貨数 700以上
バイナンス登録者数 1000万人以上
アプリ対応 有り
日本語対応 ネットのみ対応、アプリは非対応

 

バイナンスの使い方をわかりやすく解説!登録・入金・取引・出金を手順でまとめました

ここからはバイナンスの登録から取引、そして出金までの一通りの流れを紹介します。

これから説明する方法の手順に沿って進めれば、よりスムーズにバイナンスでの取引ができるので、ぜひ参考にしてみてください。

バイナンスの登録方法

バイナンスの登録は、日本の仮想通貨取引所に比べて簡単です。3つのステップですぐに登録できます。

これまでバイナンスの登録には、個人情報の登録や本人確認の書類の提出は必須ではありませんでした。

しかし2021年8月、バイナンスはすべてのユーザーに本人確認の実施を求めることを発表。

これからバイナンスに新規登録する方はもちろん、既存のユーザーも本人確認を実施しなければバイナンスでの取引はできません。

バイナンスに登録する手順は以下の通りです。

  1. メールアドレスやパスワードの登録をする
  2. 二段階認証の設定をする
  3. 個人情報の登録や本人確認の書類を提出

登録前に日本語表示への切り替えをしておくと、よりスムーズに登録できるのでおすすめです。

画面の右上にある国旗のマーク、もしくは画像の赤枠部分の箇所を見つけたら、そこをクリックしましょう。日本の国旗、もしくは「日本語」に変えると表示が日本語に変わります。

言語の変更方法を説明する画像

日本語を選択する画面を映す画像

バイナンスへの登録するために、まずは公式サイトを開きましょう。

「今すぐ登録」のボタンを押して、画面の指示に従って入力を進めていけば登録は完了します。

バイナンスの登録方法を説明する画像

「今すぐ登録」ボタンをクリックしたら、次はメールアドレスとパスワードの入力です。

キャリアメールアドレスとフリーメールアドレスどちらでも可能。ハッキング対策のために簡単なパスワードではなく、なるべく複雑なパスワードの設定を推奨します。

また他のサイトなどに使用しているパスワードの使い回しも避けましょう。

バイナンスの登録方法を説明する画像

メールアドレスとパスワードの登録後、先ほど入力したメールアドレス宛に認証コードが送られてきます。

メールの受信後、記載された認証コードを入力しましょう。

バイナンスの登録方法を説明する画像

認証コードの送信をすると、バイナンスへの登録が完了です。

しかし登録が完了しただけでは、仮想通貨の取引はできません。

仮想通貨の取引をするために、次に本人確認を実施しましょう。

バイナンスで本人確認をする手順を説明する画像

「今すぐ確認」のボタンをクリックし、画面の指示に従って進んでいくと本人確認の手続きができます。

氏名や住所などの個人情報を入力した後本人確認の書類が必要になるので、事前に準備しておくとスムーズに手続きを進められます。

本人確認で使用する書類は以下のものを参考にしてください。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

また二段階認証の登録もしておきましょう。最近ではスマートフォン以外にもパスワードの登録を二段階認証にするサイトなども増えてきていることから、登録が必須となっています。

ネット犯罪やパスワード漏洩防止のためにも、二段階認証の登録は忘れないようにしましょう。

Google Authenticatorと携帯認証がありますが、携帯認証は2021年8月現在、中国の携帯電話とスマートフォンのみ対応しています。そのため、日本で取引する場合はGoogle Authenticatorのみでの登録となります。

バイナンスの入金方法!日本円での入金はできない?

現在バイナンスは、日本円での入金ができないシステムとなっています。そのため手間はかかりますが、国内の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入した後に、国内の仮想通貨取引所からバイナンスに入金しなければいけません。

バイナンスへの送金方法

国内の仮想通貨取引所からバイナンスへ送金する方法は、ビットコインを使用する方法とイーサリアムを使用する方法があります。

今回はビットコインを使用した場合の送金方法を紹介します。海外の仮想通貨取引所に送金することになるので、送金の不具合等も考えると、1度に大きな金額を送るのはおすすめできません。

最初から大きな金額で送金するのではなく、手間はかかりますが、小さい金額を送金し無事届いていることを確認してから、大きな金額を送金するといいでしょう。

バイナンスでの取引方法

バイナンスは、3つの取引方法があります。それぞれについて紹介します。

  1. リミット
  2. マーケット
  3. ストップリミット

最初にリミットについてです。リミットの正式名称は指値注文(さしねちゅうもん)。

リミットは予め金額を設定しておき、その金額まで上がった場合は自動的に売買が成立する方法です。

毎日小まめに見る必要がなく、最初に自分で金額を設定しておくだけなので非常に簡単。特に仮想通貨を始めたばかりの方におすすめです。

次にマーケットです。マーケットの正式名称は成行注文(なりゆきちゅうもん)です。

マーケットは実際そのときに取引をしている組み合わせから、自分で好きなものを選んで売買が成立する方法です。

リミット同様、仮想通貨を始めたばかりの方におすすめ。

最後にストップリミットです。ストップリミットの正式名称は逆指値(ぎゃくさしね)です。

ストップリミットは、リミットとは反対の方法で売買されます。初心者にはあまりおすすめの取引方法ではありません。

仮想通貨の取引に慣れている方におすすめです。

バイナンスの出金方法

バイナンスは入金と同様に、出金の場合にも国内の仮想通貨取引所の利用が必要になります。国内の取引所で日本円に交換して出金する手間をかけることで、ようやく手にすることができます。

バイナンスの出金をクリックした後に引き出す金額を入力します。このときに注意したいことが、この金額の0.000005%が手数料として引かれることです。

しかしバイナンス独自の通貨である「バイナンスコイン」を使用すると手数料が半分になります。

個人情報の登録や本人確認の書類が提出されていない場合には、2BTCまでの出金制限がかかります。

しかし個人情報の登録や本人確認の書類が提出されている場合には、100BTCまで可能です。

バイナンスのアプリの使い方をチェック

バイナンスでは、パソコン以外にもスマートフォンでのネットやアプリにも対応しています。

バイナンスのアプリでは日本語に対応していないので注意しましょう。

そのためスムーズに仮想通貨のやりとりをしたい場合には、日本語での対応が可能なWebサイトでの取引がおすすめです。

しかしネットでの表示とは異なり、アプリの画面は非常に見やすい表示であることから利用者に好評です。
パソコンは1つの画面にたくさんの取引が表示されるため、初心者には難しいと言われています。しかしアプリの場合、2つの画面が主に表示されるシステムになっています。

初心者の方や仮想通貨をスムーズに行うには不安な方向けのベーシックと、様々な取引を見ることができるアドバンスに分かれており、自分で選べるところもおすすめのポイントです。

バイナンスの魅力とは?メリット・デメリット

ここまでバイナンスの基本的な情報をお伝えしました。では、バイナンスの魅力はどのようなところにあるのでしょうか。

メリットの他にデメリットもお伝えします。デメリットは日本人が利用する際に注意したい内容も含んでいるので、ぜひご覧ください。

バイナンスのメリット

まず始めに、バイナンスのメリットについて紹介します。バイナンスには世界最大級の仮想通貨取引所であるからこそのメリットも豊富です。

仮想通貨を始める方や、始めて間もない方でも安心して利用できるメリットもありますので、ぜひ参考にしてください。

最大のメリットは手数料が安いこと

国内の仮想通貨取引所で利用するときの取引手数料は、通常0.1%である場合がほとんど。

バイナンスも同様に0.1%ですが、バイナンス独自の通貨であるバイナンコイン、つまりBNBを使用すれば半分の手数料(0.05%)で利用可能です。

ちなみに入会手数料は無料で出金手数料は仮想通貨によって異なるシステムになっています。

取扱通貨が多く取引高が世界一

バイナンスは世界最大級の仮想通貨取引所と言われており、中には世界の仮想通貨取引所のうち1位と記載されているサイトもあるほどです。

また取扱通貨の種類が700以上あり、取引高が世界一と言われています。

今まで取引したことのない通貨にチャレンジしてみたい方におすすめです。

サイトやアプリが使いやすい

バイナンスのサイトは日本語に対応しています。国内在住の方は利用できませんが、海外在住の方で英語が苦手な方は日本語に設定して使用していただくとおすすめです。

特にアプリでは、初心者用と上級者用の表示のどちらかを選べます。

バイナンスのデメリット

次にバイナンスのデメリットについてです。日本人でも、日本に居住している方と海外に居住している方では、バイナンスの利用方法が異なります。

日本国内に居住している日本人は、バイナンスの利用が禁止されていることはご存じでしょうか。なぜ国内での取引が禁止であるのか、詳細もお伝えします。

日本国内ではバイナンスの取引が禁止されている

バイナンスは元々日本に居住している方の取引が禁止されており、海外在住者のみが利用可能です。

仮想通貨取引所の中には、規制をすり抜けることによって成長してきたところも少なくありません。また海外の仮想通貨取引所では、規制や法律を無視し、本来利用を禁止されている人に提供する場合もあるため、おすすめとはあまり言えないでしょう。

世界中の仮想通貨取引の一部には、各国の規制をすり抜けて成長を遂げたところもあります。また日本の仮想通貨の規制や法律を無視したり、利用が禁止されている人にも提供していたりする取引所もわずかながらあります。

そのような理由から、日本国内に居住している方のバイナンスの利用は禁止となっています。

実際にバイナンスは国内居住者に金融サービスを提供したとして、金融庁から警告を受けています。また他の国でも、バイナンスの利用に対して禁止や注意を呼びかけているところも多くあります。

日本円の入金が不可!入金に手間がかかる

「バイナンスの入金方法!日本円での入金はできない?」の項目でもお伝えしましたが、バイナンスでは日本円の利用ができません。

そのためバイナンスで取引をするためには、国内の取引所で購入した仮想通貨を、バイナンスへ送金する必要があります。

クレジットカードを利用してバイナンスで取引をすることも可能ですが、国内の取引所を経由するよりも手数料が高くなってしまうため注意しましょう。

バイナンスは手数料が安いのがメリットですから、手数料を抑えたいならクレジットカードの利用はあまりおすすめではありません。

バイナンスの評判は?口コミからわかる特徴

バイナンスは国内で禁止されていることから、現在利用している日本人は海外に居住していることが前提となります。

実際の口コミを良い面と悪い面それぞれピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

バイナンスの良い口コミ

この口コミからも分かるように、バイナンスは取引高が多くあることが分かります。取引高が多いことによって、希望の数を購入しやすいメリットも。

取引高が低い取引所の場合、希望の価格を見つけても希望の数を購入できないことがあります。そのようなことからも、取引高が多いことは、大きなメリットとも言えます。

バイナンスの悪い口コミ


バイナンスは以前に比べると、各国当局からの規制がより強くなっています。そのためバイナンスによる日本人への取引の制限も強くなっています。

他の国でも規制や禁止が出ていることからも、バイナンスを利用している方は、より慎重に考えていく必要があります

バイナンスの使い方に関するQ&A

登録から出金まで一通りご説明しました。しかし先程説明した内容以外にも気になる点がある方もいるでしょう。

ここからは特によくあるバイナンスの使い方に関する質問に答えていきます。

バイナンスのレバレッジ取引のやり方は?

バイナンスのレバレッジは、最大125倍の取引が可能です。BTC/USDTペアが最大125倍で取引ができ、他の仮想通貨ペアは75倍になっています。

  1. 最初の画面からFutureを選択
  2. 希望の倍率を入力
  3. 現物口座から先物口座に移動
  4. 価格と希望数を入力し、Buy/Sellボタンを押す

最初の画面からFutureを選択した後、希望の倍率を入力します。バイナンスのレバレッジ取引は、先物取引になるため、事前に口座を移動する必要があります。

Transferをクリックすると、移動するページが出てきます。現物口座から先物口座へ移動したい金額をAmoutに入力しConfirm transferを押します。

先物口座への移動が確認できたら、最後に価格をPriceに希望数をOrder Qtyに入力します。Buy/Sellのボタンがありますので、購入か売却の希望する方を押したら完了です。

バイナンスの使い方が詳しく載った本はある?

バイナンスに限らず、仮想通貨の詳細が載っている本は数多くあります。しかし、バイナンスは国内での取引が禁止されていることから、他の取引所よりも詳しく記載している本は少ないのが現状です。

バイナンスの使い方は、本よりもインターネットで調べる方が分かりやすいことも。そのため、1度インターネットで調べた後にそれでも分からない場合には、改めてバイナンスの本を探す方法がいいでしょう

バイナンスは日本語に対応している?

バイナンスは日本語の表示に対応しています。

バイナンスのトップページから、表示する言語の変更が可能です。

変更の仕方は「バイナンスの登録方法」で解説しています。

バイナンスの使い方に関するまとめ!まずは日本の取引所で購入から始めよ

バイナンスは海外の仮想通貨取引所ですが、日本国内では利用できません。そのため日本の取引所の使用が必須です。

バイナンスは世界最大級の取引所ですが、以前に比べて各国当局の規制が厳しくなってきています。個人情報の流失などを考えると、安心して利用できる国内の仮想通貨取引所がおすすめです。

特にコインチェックは、登録なども分かりやすい仮想通貨取引所です。また、バイナンスのように取引手数料が無料であるところも大きなポイント。ぜひ気になる方は、チェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる