つみたてNISA(積立NISA)でおすすめ銘柄は?失敗しない最新の組み合わせ

つみたてNISAは投資初心者の方におすすめの資産運用の一つで、専門家に投資や運用をしてもらえる「投資信託」を通して積み立てができます。

投資信託にはたくさんの「銘柄」(ファンド)があり、銘柄によって投資の対象や目的、リスクやリターンの大きさが違います。

つみたてNISAを始めるときは銘柄を自分で選ぶ必要がありますが、選び方がわからなくて困る方は少なくありません。

この記事では初心者の方にもわかりやすいよう、つみたてNISAのおすすめ銘柄を5本厳選して紹介します。

つみたてNISAの始め方やよくある質問もまとめてあるので、つみたてNISAで資産運用したい方はぜひ参考にしてください。

目次

つみたてNISA(積立NISA)とは?始め方を解説

つみたてNISAとは2018年から始まった投資の制度で、長期で積み立てるイメージで資産運用が行えます。

最大のメリットは毎年40万円まで非課税で投資できること。

ここではつみたてNISAの特徴や始め方を簡単に解説します。

つみたてNISA(積立NISA)は非課税で投資可能

つみたてNISAとは積立型の投資制度で、投資信託への投資が非課税になるメリットがあります。

通常であれば投資によって得た利益には、20.135%の税金がかかることとなっていますが、つみたてNISAならば税金がかかりません。

つみたてNISAで投資できる商品は「公募株式投資信託」と「上場株式投資信託(ETF)」の2種類。

上場の有無 銘柄数 購入可能な場所
公募株式投資信託 上場していない 多め 証券会社・銀行・郵便局
上場株式投資信託(ETF) 上場している 少なめ 証券会社のみ

どちらも手数料が安めで、長期・積立・分散投資に適しているので、投資初心者の方でも始めやすい投資先と言えます。

つみたてNISAでは、毎年40万円を上限として新規の投資が非課税になります。

非課税期間は最長20年間続き、その間は分配金や譲渡益に税金がかかりません。

下記は金融庁が発表しているつみたてNISAの詳細情報です。

利用できる方 日本にお住まいの20歳以上の方(※1)(口座を開設する年の1月1日現在)
ただし、つみたてNISAと一般NISAはどちらか一方を選択して利用可能
非課税対象 一定の投資信託への投資から得られる分配金や譲渡益
口座開設可能数 1人1口座(※2)
非課税投資枠 新規投資額で毎年40万円が上限(※3)(非課税投資枠は20年間で最大800万円)
非課税期間 最長20年間
投資可能期間 2018年~2037年
投資対象商品 長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託(対象商品についてはこちら
○例えば公募株式投資信託の場合、以下の要件をすべて満たすもの
・販売手数料はゼロ(ノーロード)
・信託報酬は一定水準以下(例:国内株のインデックス投信の場合0.5%以下)に限定
・顧客一人ひとりに対して、その顧客が過去1年間に負担した信託報酬の概算金額を通知すること
・信託契約期間が無期限または20年以上であること
・分配頻度が毎月でないこと
・ヘッジ目的の場合等を除き、デリバティブ取引による運用を行っていないこと
  1. *1 …0歳~19歳の方は、ジュニアNISA口座をご利用いただけます。詳しくはジュニアNISAページをご覧ください。
  2. *2 …NISA口座を開設する金融機関は1年単位で変更可能です。また、NISA口座内で、つみたてNISAと一般NISAを1年単位で変更することも可能です。ただし、つみたてNISAですでに投資信託を購入している場合、その年は他の金融機関又は一般NISAに変更することはできません。
  3. *3 …未使用分があっても翌年以降への繰り越しはできません。

引用元:金融庁

つみたてNISAは今のところ2037年までの制度とされていますが、2037年に買った投資信託も2056年までの20年間は非課税で保有できます。

つみたてNISA(積立NISA)の始め方を3ステップで解説

つみたてNISAは下記3ステップで始められます。

  1. NISA口座をつくる証券会社を選ぶ
  2. NISA口座を開設しつみたてNISAを選択
  3. 銘柄を選んで購入

つみたてNISAを利用するにはNISA口座が必要なので、まずはNISA口座をつくる証券会社を決めましょう。

次の項目でおすすめの証券会社を紹介するので、参考にしてください。

証券会社が決まったら、身分証明書などの必要書類を提出してNISA口座を開設します。

NISA口座は「つみたてNISA」と「一般NISA」のどちらに使うか選べるので、ここではつみたてNISAを選択しましょう。

口座の開設が完了したら、つみたてNISAの対象とする銘柄(ファンド)を選んで購入します。

つみたてNISA(積立NISA)おすすめ証券会社ランキングTOP5

つみたてNISAを始めるには、証券会社を選んでNISA口座を開設する必要があります。

証券会社によって扱っている銘柄や手数料などのコストに違いがあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

証券会社の中には取引するとポイントがもらえるところもあります。

1位:楽天証券

楽天証券のキャプチャ画像
楽天証券は2019年・2020年の口座開設数No.1(楽天証券調べ)となっている人気のネット証券。

購入できる投資信託は2021年9月現在で177本と、銘柄のバリエーションも豊富です。

楽天証券の最大の特徴は、つみたてNISAの取引で楽天ポイントがたまる・使えるところ。

投資信託の積立を楽天カードのクレジットカード払いにすると楽天ポイントがもらえます。

もらった楽天ポイントをつみたてNISAの投資に使うことも可能なので、気軽にポイント投資ができる点は大きなメリットです。

2位:SBI証券

SBI証券のキャプチャ画像
SBI証券は楽天証券と並ぶ大手ネット証券。

つみたてNISA向け投資信託の取扱銘柄数は2021年9月時点で175本と、ラインナップが豊富です。

つみたてNISAの取引を三井住友カードのクレジットカード払いにすると、Vポイントと投信マイレージのポイントの両方がもらえます。

投資をするときは長めの期間で複数回に分けて投資する「時間分散」を心がけると、高値でたくさん買いすぎるのを防げてリスクを押さえられます。

SBI証券のつみたてNISAでは「毎日」「毎週」「毎月」の3コースで自由に積立の頻度を設定できるので、自分のペースに合わせて時間分散を図れるところがメリットです。

3位:マネックス証券

マネックス証券のキャプチャ画像
マネックス証券は、投資情報や分析ツールが充実しているネット証券。

つみたてNISA対象銘柄の取扱数は、2021年9月現在で151件です。

マネックス証券ではおすすめファンドランキングなどの情報や、つみたてNISAについてわかりやすく解説した動画なども公開されているので、投資について勉強したい方に向いています。

また、マネックス証券では毎日自動で積み立てできる「毎日つみたて」が利用可能。

つみたてNISAの取引や保有で、Amazonギフト券などと交換できるマネックスポイントもたまります。

4位:松井証券

松井証券のキャプチャ画像

松井証券は創業100年の歴史がある老舗のネット証券。

松井証券のつみたてNISAはETFを除く投資信託のみで、170銘柄を取り扱っています。

ツールやアプリ、マーケット情報などが充実していて、カスタマーサポートも高く評価されているので、利用しやすい証券会社だと言えるでしょう。

5位:auカブコム証券

auカブコム証券のキャプチャ画像

auカブコム証券は三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)とKDDIの共同出資で誕生したネット証券です。

つみたてNISAの取扱銘柄は、2021年9月現在で157本。

auカブコム証券でNISA口座を開設すると「NISA割」が適用され、通常の株取引(プチ株、プレミアム積立(プチ株)を除く)の取引手数料が最大5%割引になります。

また色彩心理学を利用した投資信託マッチングサービス「FUND DRESS」を利用すると、ドレスを選ぶだけで自分に合った銘柄を見つけられます。

つみたてNISA(積立NISA)の銘柄選びのポイント3つ

つみたてNISAでは投資する銘柄(ファンド)を選ぶ必要がありますが、選び方のポイントとしては下記3つがあります。

  • リスクを抑えたい場合はインデックスファンド、リターンを狙いたい場合はアクティブファンドを選ぶ
  • 投資先や投資のタイミングを分散させてリスクを分散させる
  • 取引手数料や信託報酬などのコストを抑える

3つのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

インデックスファンドとアクティブファンド

つみたてNISAの投資先となる投資信託の銘柄は、「インデックスファンド」と「アクティブファンド」の2種類に分かれます。

インデックスファンドとは、日経平均株価などの株価指数と同じ動きをするように運用されるファンド。

大きなリターンは狙えませんが、リスクを抑えて資産運用できる点が人気です。

アクティブファンドとは、市場平均を上回るリターンを目指して運用されるファンド。

インデックスファンドより元本割れのリスクは大きくなりますが、より高いリターンが狙えます。

メリット デメリット
インデックスファンド リスクを抑えて資産運用できる 大きなリターンを狙えない
アクティブファンド 大きなリターンを狙える 元本割れのリスクが高い

投資信託の銘柄選びでは、まず銘柄がインデックスファンドなのかアクティブファンドなのかを確認し、投資目的に合わせて選択しましょう。

資金を分散させてリスクを抑える

投資信託のメリットとして、様々な資産に分散投資できるので自然とリスク分散ができる点があります。

例えば通常の株式投資では、分散投資をするためには自分でたくさんの銘柄を選ばなければなりません。

一方、投資信託では一度銘柄を選ぶだけでお金のプロが様々な投資先に分散投資してくれます。

ただし銘柄によって投資先が異なるので、事前によく確認することが重要です。

例えばインデックスファンドの中には、日本国内の株式のみに投資するものだけでなく、米国や全世界に投資できるものも。

またバランスファンドと呼ばれる銘柄では、下記のような種類の違う資産に分散投資が行われます。

  • 株式
  • 債権
  • REIT(不動産投資信託)
  • コモディティ(原油・貴金属・穀物などの商品)

アクティブファンドは投資先が国内株式のものが多いですが、投資先をどの程度分散させるかは銘柄によって大きく異なるので、特に注意が必要です。

コストを抑える

つみたてNISAで投資信託を取引するときは、コストを抑えるほど利益が出やすくなります。

投資信託にかかるコストは、下記の3種類。

  • 購入時手数料:投資信託を買うときに発生
  • 信託報酬:投資信託を保有している間に発生
  • 信託財産留保額:投資信託を売却するときに発生

つみたてNISAの場合、購入時手数料はすべて無料(ノーロード)です。

また信託報酬もインデックスファンドなら0.5%以下など、金融庁が定めた水準以下となっています。

銘柄選びのときは、利益だけでなくコストも比較しましょう。

つみたてNISA(積立NISA)おすすめ銘柄ランキングTOP5

ここからはつみたてNISAで実際に選べる銘柄(ファンド)のうち、厳選したTOP5をランキング形式で紹介します。

比較がしやすいよう運用成績やコストも記載するので、参考にしてください。

1位:eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」は、三菱UFJ国際投信のインデックスファンドです。

様々な資産に分散投資するバランスファンドでもあり、下記8種類の資産に12.5%ずつ均等に投資が行われます。

  • 国内株式
  • 先進国株式
  • 新興国株式
  • 国内債券
  • 先進国債券
  • 新興国債券
  • 国内REIT
  • 先進国REIT

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)の最大のメリットは、これ1本で全世界の株式・債権・不動産に分散投資できること。

リスク分散を重視する方におすすめの銘柄です。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)のデータ(2021年9月現在)

基準価額 13,258円
純資産総額 1,095.15億円
購入時手数料 なし
信託報酬 0.154%
信託財産留保額 なし

参考:三菱UFJ国際投信

2位:SBI・全世界株式インデックス・ファンド

「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」は、SBIアセットマネジメントが提供するインデックスファンド。

この銘柄では下記3つのファンドへの投資を通して、米国・先進国・新興国の株式への分散投資が行われます。

  • バンガード・トータル・ストック・マーケットETF:米国株式市場に投資
  • SPDRポートフォリオ・ディベロップド・ワールド(除く米国)ETF:米国以外の先進国の株式市場に投資
  • SPDRポートフォリオ・エマージングマーケッツETF:新興国株式市場に投資

これ1本で全世界の株式市場に投資できるので、株式の分散投資をしたい方におすすめです。

SBI・全世界株式インデックス・ファンドのデータ(2021年9月現在)

基準価額 14,897円
純資産総額 325.17億円
購入時手数料 なし
信託報酬 約0.11%
信託財産留保額 なし

参考:SBI証券

3位:eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)

「eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)」は、三菱UFJ国際投信が提供するインデックスファンド。

東証株価指数(TOPIX)と同じ動きの投資成果を目指して運用が行われるので、これ1本で東証1部上場の企業に分散投資ができます。

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)のデータ(2021年9月現在)

基準価額 13,697円
純資産総額 368.34億円
購入時手数料 なし
信託報酬 0.154%
信託財産留保額 なし

参考:三菱UFJ国際投信

4位:ひふみプラス

「ひふみプラス」はレオス・キャピタルワークス株式会社が提供するアクティブファンド。

メインの投資先は日本の成長企業としつつ、国内外の経済状況に応じて海外株式にも投資します。

ひふみプラスでは市場のデータに加えて、個々の企業の経営方針や製品・サービスなども調査されます。

成長企業を発見する力が高く評価されている人気のアクティブファンドなので、高いリターンを目指して資産運用したい方におすすめです。

ひふみプラスのデータ(2021年9月現在)

基準価額 50,983円
純資産総額 4,717.30億円
購入時手数料 3.30%
信託報酬 0.858~1.078%および監査費用0.0055%
信託財産留保額 なし

参考:ひふみプラス

5位:SBI・バンガード・S&P500インデックスファンド

「SBI・バンガード・S&P500インデックスファンド」は、SBIアセットマネジメントが提供するインデックスファンド。

バンガード・S%P500ETFへの投資を通して、米国の代表的な株価指数「S&P500」に連動する成果を目指して運用が行われます。

これ1本で米国の主要な企業に分散投資ができるので、米国株に興味がある方におすすめです。

SBI・バンガード・S&P500インデックスファンドのデータ(2021年9月現在)

基準価額 15,653円
純資産総額 2,971.07億円
購入時手数料 なし%
信託報酬 約0.0938%
信託財産留保額 なし

参考:SBI証券

つみたてNISA(積立NISA)のおすすめ本3選

つみたてNISAについてもっと詳しく知りたい方は、本を読むのもおすすめです。

ここではつみたてNISAについて初心者の方にもわかりやすく書かれているおすすめの本を3冊紹介します。

日本一やさしいNISAの学校【最新版】

NISAの学校のキャプチャ
参照:日本一やさしいNISAの学校【最新版】

「日本一やさしいNISAの学校【最新版】」は、NISAについて学校の講義形式で説明している本です。

NISAの対象になる商品(株式、投資信託、ETF、REITなど)の特徴も紹介しているので、この記事で読んだ内容をより深く理解するのに役立ちます。

著者の大竹のり子氏は、株式会社エフピーウーマンの代表取締役をしているファイナンシャルプランナー。

ライフプランニングや資産運用についての著書が40冊以上あり、お金の使い方に関する講演活動も行っています。

お金は寝かせて増やしなさい

お金が寝かせて増やしなさいのキャプチャ
参照:お金は寝かせて増やしなさい

「お金は寝かせて増やしなさい」はインデックス投資歴15年の水瀬ケンイチ氏が書いたインデックス投資の解説書です。

普通のサラリーマンの個人投資家が実際に15年間インデックス投資をした経験をもとに、プロに負けないインデックス投資のやり方をまとめています。

説明の合間にコミックが挟まれているなど馴染みやすい構成になっていて、インデックス投資のコツを詳しく知りたい方におすすめです。

つみたてNISAはこの8本から選びなさい

つみたてNISAはこの8本から選びなさいのキャプチャ
参照:つみたてNISAはこの8本から選びなさい

「つみたてNISAはこの8本から選びなさい」は、つみたてNISAで選ぶべき投資信託を8本厳選して紹介している本です。

著者はセゾン投信代表取締役社長の中野晴啓氏で、長期投資向けの投資信託のプロ。

その視点からつみたてNISAでの長期投資に向いているおすすめ銘柄と理由が解説されています。

つみたてNISA(積立NISA)のよくある質問(Q&A)

つみたてNISAを始める前に、わからないことがあったら解消しておきましょう。

ここではつみたてNISAに関する6つの疑問に答えていきます。

つみたてNISA(積立NISA)と一般NISAの違いは?

つみたてNISAと一般NISAには、下記のような違いがあります。

つみたてNISA 一般NISA
非課税枠 年間40万円 年間120万円
非課税期間 20年間 5年間
対象商品 金融庁が定める条件をクリアした投資信託やETF 上場株式、公募株式投資信託など幅広い金融商品

簡単に言うと、つみたてNISAは比較的少額を長期でコツコツ積み立てていきたい方に向いています。

対象商品も金融庁が定める条件をクリアした投資信託やETFに限られるので、その点は注意しましょう。

一般NISAはつみたてNISAより短期間で利益を出したい方に向いています。

対象となる投資信託の種類もつみたてNISAより多いですし、上場株式なども対象になります。

つみたてNISA(積立NISA)のデメリットは?

つみたてNISAのデメリットは、下記の2つです。

  • 対象商品は金融庁が定める条件をクリアした投資信託・ETFのみ
  • 損益通算や繰越控除ができない

上述のとおり、つみたてNISAでは選べる金融商品が限られています。

また損失が出たときに他の金融商品の運用商品と相殺する「損益通算」や、年をまたいで繰り越す「繰越控除」ができない点にも注意が必要です。

つみたてNISA(積立NISA)の口座は後から変更できる?

つみたてNISAの口座を後から別の金融機関に変更することは可能ですが、下記の手続きが必要です。

  1. 利用している金融機関に変更を依頼して「金融商品取引業者等変更届出書」をもらう
  2. 金融商品取引業者等変更届出書に必要事項を記入して提出
  3. 「非課税管理勘定廃止通知書」をもらう
  4. 新しくつみたてNISA口座をつくりたい金融機関に申し込みをする
  5. 申し込み書類に必要事項を記入し、非課税管理勘定廃止通知書と一緒に送付

手続きに少し手間がかかるので、後から変更せずに済むよう、つみたてNISA口座をつくる会社は慎重に選びましょう。

つみたてNISA(積立NISA)は確定申告が必要?

つみたてNISAで得られる利益は非課税なので、基本的には確定申告する必要はありません。

配当金・分配金・譲渡益のいずれも非課税なので、そもそも確定申告の対象ではないのです。

加えて、つみたてNISAは損失が出ても損益通算(他の口座の利益と相殺)できないため、わざわざ確定申告するメリットもありません。

つみたてNISA(積立NISA)にはまとまったお金が必要?

つみたてNISAは年間40万円が上限なので、毎月積立をする場合は約3万3000円が月ごとの積立金額の上限となります。

必ずしも毎月上限まで積立する必要はなく、毎月1000円ずつなど少額からでも始められます。

月ごとの積立金額の下限は金融機関によって違うので、自分に合ったペースで積立できる金融機関を選びましょう。

つみたてNISA(積立NISA)のシミュレーションはできる?

つみたてNISAなど資産運用のシミュレーションは、金融庁や金融機関のウェブサイトで手軽にできます。

金融庁|資産運用シミュレーション

ただし、つみたてNISAは元本保証がないので、リスクの低い銘柄を選んでも元本割れなどのリスクはあります。

シミュレーションはあくまでも想定通りに運用できた場合の結果だということは覚えておきましょう。

つみたてNISA(積立NISA)は比べて選ぶのがおすすめ

つみたてNISAで重要なのは、つみたてNISA口座を開設する金融機関の選び方と、実際に購入する銘柄(ファンド)の選び方です。

金融機関によっては、つみたてNISA口座でポイントがたまるなどの優待がつくので、自分にとってお得に利用できるところを選ぶのがおすすめ。

つみたてNISAで選べる銘柄は金融庁が定める条件を満たした投資信託やETFのみですが、リスク分散の方法などが異なるので、複数の銘柄を比較して決めることをおすすめします。

つみたてNISAは少額からコツコツできる資産運用なので、将来に備えたい方に向いています。

自分にとって最適な金融機関と銘柄を選び、無理なく続けていくとよいでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる