インフォメーションINFORMATION

【7/1オンライン開催】 緊急時における社会的インパクト・マネジメント「3団体に聞く!! 現場の試行錯誤と意思決定」

2020年06月09日

「緊急時」と呼ばれる環境下では、情報が日々変化し全体像が把握し難く、先の見えない状況となります。その中で、各団体はどのように情報を収集し、人々の声に耳を傾け、判断し、団体として意思決定を行い、活動に踏み出したのでしょうか。また、活動の中で得た新たな情報を、どのような判断の下に活動へ反映し活動を変化させていったのでしょうか。緊急時おいて様々な事業を展開している3団体をお呼びし、緊急支援における情報収集・意思決定の在り方を探ります。緊急時の支援における団体の動き方はどのようなものか、押さえておきたいポイントは何か、平常時とはどのように異なるのかを明らかにしていきたいと思います。詳細・お申し込みはhttps://simi20200701.peatix.com/をご確認ください。

◆概要

日 時:2020年7月1日(水)19:00~21:00(オンラインオープン18:50)
場 所:オンライン(ZOOM) ※当日午後にメールでURLを共有します。
対 象:
– 新型コロナウィルス対策に関する活動を展開している方
– 新型コロナウィルス対策の活動を知りたい方
– 緊急時における支援活動を行っている方
– 社会起業家や組織の意思決定から学びたい方
定 員:200名(https://simi20200701.peatix.com/にて要事前申し込み、当日10時申込締め切り)
参加費:無料
◆登壇団体およびモデレーター
【登壇】高橋大就氏 一般社団法人東の食の会事務局代表
【登壇】鈴木綾氏 こおりやま子ども若者ネット代表
【登壇】後藤千絵氏 一般社団法人サステイナブル・サポート代表理事

【モデレーター】山崎大祐氏 株式会社マザーハウス代表取締役副社長

◆お問い合わせ先
info@impactmeasurement.jp

TOPに戻る