インフォメーションINFORMATION

評価対象とサンプリング

2015年05月19日

定量・定性のデータ収集を考えるのと同時に、評価対象を特定することも重要なプロセスです。一般的には、評価対象となる受益者やステークホルダーについて、なるべく多くのサンプル数を確保することが望ましいですが、評価のために割けるリソースがどのようなものかによっては制約を受けることもあるでしょう。また、長期的に追跡調査を実施したい場合には、小さいグループを測定したほうが良いこともあるかもしれません。

 こうした状況下で、評価の対象をグループ全体から抽出した小さなグループに絞り込むことをサンプリングと言います。サンプリングには様々な方法がありますが大きく分けると「無作為抽出」と「有意抽出」に分けることができます。

定量・定性のデータ収集を考えるのと同時に、評価対象を特定することも重要なプロセスです。一般的には、評価対象となる受益者やステークホルダーについて、なるべく多くのサンプル数を確保することが望ましいですが、評価のために割けるリソースがどのようなものかによっては制約を受けることもあるでしょう。また、長期的に追跡調査を実施したい場合には、小さいグループを測定したほうが良いこともあるかもしれません。

 こうした状況下で、評価の対象をグループ全体から抽出した小さなグループに絞り込むことをサンプリングと言います。サンプリングには様々な方法がありますが大きく分けると「無作為抽出」と「有意抽出」に分けることができます。

TOPに戻る