【11/6@東京】研修・パネルディスカッション「評価、やってみたけど怖くなかった-現場団体から学ぶ、評価の第一歩」その他最新情報・イベント

特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会社会的インパクトセンターでは、研修・パネルディスカッション「評価、やってみたけど怖くなかった-現場団体から学ぶ、評価の第一歩」を開催致します。
日本全国から価値創出や事業改善、エンパワメントの機会としての評価の活用に取り組んでいる団体や、チャレンジしている団体の方々をパネリストにお迎えし、参加者の皆さんと実践に活用できる評価について一緒に考え、学びたいと思います。昨今、民間非営利セクターでも「評価」に注目が集まっていますが、「どこから何を学んだらよいのだろうか」「難しそうで、手間がかかりそうだから、なかなか取り組めない」「そもそも役に立つのか」など、色々な思いを持たれている方も多いと思います。型やツール、ガイド主体になっている研修も役立ちますが、その前提を少し丁寧に考える・巡らす機会はなかなかないと思っており、あえてそこに光を当てたいと思いました。「評価」にもやもやしている現場団体の方をはじめ、ご関心のある方は是非ご参加下さい。

日時:
2019年11月6日(水)14:00~17:00

場所:
港勤労福祉会館(〒108-0014 東京都港区芝5丁目18番2号)

プログラム:
13:30~14:00 開場・受付
14:00~15:00 評価に関するミニレクチャー
15:15~16:50 パネルディスカッション・質疑応答
16:50~17:00 事務連絡

パネリスト(敬称略・順不同):
後藤千絵(一般社団法人サステイナブル・サポート 代表理事)
鹿住貴之(認定NPO法人JUON(樹恩) NETWORK理事・事務局長)
石川紗樹(特定非営利活動法人市川子ども文化ステーション 副理事長、市川子ども文化ステーション北地区 運営委員長)

ファシリテーター・講師:
千葉直紀(一般財団法人CSOネットワーク)
清水 潤子(日本ファンドレイジング協会 社会的インパクトセンター マネージング・ディレクター)

お申し込みはこちらから

 

カテゴリ

アーカイブ