2/15&2/22開催 途上国ビジネスの社会的インパクト評価~ビジネスがもたらす開発効果~(2018年度 FASID ビジネスと開発セミナー)その他最新情報・イベント

2015年9月の国連サミットで持続可能な開発目標(SDGs)が採択され、17の目標と169項目の具体 的なターゲットが設定されました。SDGsへの取り組みは環境・社会・ガバナンスといった非財務情報 を考慮して行う「ESG投資」の評価軸としても活用されるようになりつつあり、民間企業に対して社会 的な貢献を求める声は一層強くなっています。
そのような中、社会的課題の解決による効果を定量的・定性的に測る手法として「社会的インパク ト評価」が注目されています。本研修では、実在する民間企業の途上国における事業を題材として 社会的インパクト評価の概要や手法の習得を目指します。講師には同領域の第一線で研究・実務を行っている慶應義塾大学政策・メディア研究科の特任講師/特定非営利活動法人Social Value Japanの代表理事の伊藤健氏をお招きします。
応募方法、詳細はFASIDのHPをご確認ください。
皆様のご応募お待ちしております。

カテゴリ

アーカイブ