調査報告書「社会的インパクト評価の実践状況調査」の公開のお知らせ最新情報

社会的インパクト評価イニシアチブの事例蓄積・活用ワーキング・グループより、調査報告書「社会的インパクト評価の実践状況調査 ~内閣府『社会的インパクト評価の普及促進に係る調査』参加団体を対象として~」を公開しました。

調査報告書
社会的インパクト評価の実践状況調査~内閣府『社会的インパクト評価の普及促進に係る調査』参加団体を対象として~

本報告書は、社会的インパクト評価の実践状況の把握及び実践・活用要因の考察を行うために
内閣府「平成28年度社会的インパクト評価の普及促進に係る調査」の参加団体を対象として、独自に調査を行った結果をまとめたものです。

2017年1月下旬から2月中旬にかけて全国6ブロックで開催された「社会的インパクト評価実践研修」に参加した団体が
その後どのようにロジックモデルや社会的インパクト評価を活用しているか、その実態をアンケート調査によりとりまとめ、また、社会的インパクト評価実施団体と、実施意向はあるが未だ実施できていない団体との組織の内部環境等の違いについての考察等も行いました。

社会的インパクト評価に対する現場のニーズを把握する上でも有益な内容となっておりますので、参考にしてご活用いただければ嬉しく思います。

カテゴリ

アーカイブ