5月12日、愛知県で研修「休眠預金活用時代に備える2日間~「組織評価」「社会的インパクト評価」への第一歩~」を開催イベント

2017年5月12日、あいちコミュニティ財団による「休眠預金活用時代に備える2日間 ~「組織評価」「社会的インパクト評価」への第一歩~」と題した研修が開催されます。
http://aichi-community.jp/news/21349

【開催概要】
◆日時:2017年5月12日(金) 14:30~20:30
◆場所:名城大学 ナゴヤドーム前キャンパス 西館2階 社会連携ゾーンshake(愛知県名古屋市東区矢田南4-102-9)
◆参加費:
・「オープニングガイダンス」「第1部」:無料
・「第2部」:2,000円(軽食代込/税込)
※お二人以上での事前申込→当日参加の場合は参加費が「1,500円(税込)」になります。
◆対象:NPO関係者、NPOへの資金・非資金支援に取り組む担当者
◆定員:30名(先着順)
◆主催:公益財団法人あいちコミュニティ財団
◆協賛:株式会社にんじん、株式会社おとうふ工房いしかわ
◆申込方法:下記URLよりお申し込みください。申込期限は2017年5月10日(水) になります。
http://kokucheese.com/event/index/461643/

【プログラム】
◆オープニングガイダンス「休眠預金活用法とは?」
・岡本直樹氏(内閣府休眠預金等活用準備室 参事官)
◆第1部「組織評価の第一歩 ~非営利組織のための「第三者組織評価」制度説明会~」
・杉田研一氏(一般財団法人非営利組織評価センター企画部)
◆第2部「社会的インパクト評価の第一歩~「ロジックモデル」をつくるポイント~」
・五十嵐剛志氏(PwCあらた有限責任監査法人財務報告アドバイザリー)
・土肥りさ氏(NPO法人PakaPaka 事務局長)

カテゴリ

アーカイブ