【6月29日】社会的インパクト評価イニシアチブ主催「Social Impact Day 2017」開催!イベント

【満席となりました】※キャンセル待ち受付中
6月29日、社会的インパクト評価イニシアチブ主催による社会的インパクト評価に関するカンファレンス「Social Impact Day 2017」を開催します!
Social Impact Day 2017イベントページ

昨年に続き2年目となる今回のSocial Impact Dayは、2部構成で開催。
第1部では、社会的インパクト評価への取り組みで日本より一歩先を行く
オーストラリアの取組を紹介するとともに、日本のロードマップ実現に向けたアクションプランを発表します。

また、第2部では、社会的インパクト評価を実践している団体による実践事例を発表します。

この1年の日本における社会的インパクト評価の目覚ましい前進と
今後の展望を知ることのできる機会となりますので、ご関心のある方は
是非参加申込フォームからお申込みください。

昨年は5日間で定員に達した注目のイベントですので、是非お早めに
お申込みください!

<開催概要>
日時:2017年6月29日(木)10:00 – 17:00(9:30受付開始)
場所:笹川平和財団ビル (東京都港区虎ノ門1-15-16)
 ※東京メトロ銀座線 虎ノ門駅下車 出口4より徒歩1分
 (地図)https://www.spf.org/profile/access.html
参加費:無料
申込方法:先着順(定員になり次第終了いたします。)
下記イベントサイトの参加申し込みフォームからお申し込みください。
http://www.socialimpactday2017.com
※1部2部どちらか1つの参加も可能です。

主催:社会的インパクト評価イニシアチブ、一般財団法人社会的投資推進財団
後援:公益財団法人笹川平和財団
助成:公益財団法人日本財団

<プログラム概要>
【10:00-12:30】第一部「シンポジウム」
①開会 大野修一氏(社会的インパクト評価イニシアチブ共同事務局/公益財団法人笹川平和財団 理事長)

②基調講演 Ruth Lawrence氏(KPMG Australia Associate Director)

③ロードマップ実現に向けた8つのアクションプラン/パネルディスカッション「豪州の先行事例から日本の評価の未来を考える」

(登壇者)
Ruth Lawrence氏(KPMG Australia Associate Director)
今田克司氏(特定非営利活動法人日本NPOセンター 常務理事/一般財団法人CSOネットワーク 代表理事)
加藤剛氏(公益財団法人トヨタ財団 国内助成グループ プログラムオフィサー)
金子陽子氏(マカイラ株式会社 コンサルタント)
鴨崎貴泰氏(特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会 事務局長)
幸地正樹氏(ケイスリー株式会社 代表取締役)
藤田滋氏(公益財団法人日本財団 ソーシャルイノベーション本部ソーシャルイノベーション推進チーム)

【12:30-13:30】休憩

【13:30-17:00】第二部「事例報告会・交流会」
①社会的インパクト評価基礎講座、NPOの評価意識調査結果紹介
今田克司氏(特定非営利活動法人日本NPOセンター 常務理事/一般財団法人CSOネットワーク 代表理事)

②事例報告会
(ファシリテーター)
五十嵐剛志氏(PwCあらた有限責任監査法人 公認会計士)
立福家徳氏(日本大学法学部助教)

(報告事例団体) ※変更の可能性あり
特定非営利活動法人マドレボニータ(東京)
特定非営利活動法人Switch(宮城)
株式会社K2インターナショナル(神奈川)
一般社団法人Bridge for Fukushima(福島)
特定非営利活動法人人と動物の共生センター(岐阜)
特定非営利活動法人Homedoor(大阪)
特定非営利活動法人エデュケーションエーキューブ(福岡)
特定非営利活動法人Teach for Japan(東京)
特定非営利活動法人e-Education(東京)
株式会社ngoro-ngoro(福岡)

高木麻美(新日本有限責任監査法人 マネージャー)

③交流会
④閉会

カテゴリ

アーカイブ