世界中で注目が高まっている“発展的評価(Developmental Evaluation: DE)”の基礎資料が公開されました。事業評価や発展的評価の基礎について、まとめられています。 事業評価に携わっている方や、NPOや評価関係者だけでなく、企業や行政など、様々なセクターで“ソーシャル・イノベーション”、“評価”に関心のある方にとって有益な内容と思いますので、どうぞご覧くださいませ。 発展的評価 理解のためのはじめの一歩 from CSONetworkJapan……

内閣府休眠預金等活用審議会が、9月に予定している第4回審議会において、優先的に解決すべき社会的課題の整理を中心とする「中間的整理」を行った後、現場の団体、金融機関、助成財団、中間支援組織、受益者、預金者等幅広い観点からの意見を聴くことを目的に、全国5か所で地方公聴会を開催します。 関心のある方は是非ご参加ください。 ●開催日程 9月20日(水)13:30~15:30 岡山 9月26日(火)13:30~15:30 大阪 9月29日(金)12:30~14:30 東京 9月29日(金)15:00~17:00 福岡 10月2日(月)13:30~15:30 仙台 ●申込方法 参……

2017年7月29日(金)に、社会的インパクト評価イニシアチブの第5回全体会合が開催されました。当日は、イニシアチブに参加している約40団体(うち9団体が初参加)に参加いただきました。 当日は、2017年度のアクションプランの発表を各ワーキング・グループ(WG)より発表し、参加者との意見交換を行いました。(詳細については、下記プレゼンテーション資料を、ご確認ください。) また、インパクト志向原則WGのワークショップを行いました。インパクト志向原則とは、社会的インパクト評価を実施するステークホルダーが持つべきインパクト志向のあり方について示した文書のことです。事業者・資金提供者・中……

2017年6月29日(木)に、Social Impact Day 2017が開催されました。当日は、この1年の日本における社会的インパクト評価の目覚ましい前進と今後の展望を知ることのできる機会となりました。 第一部では、社会的インパクト評価への取り組みで日本より一歩先を行くオーストラリアから、Ruth Lawrence氏をお招きし、オーストラリアにおける取組や課題を紹介いただくともに、Lawrence氏を交え、「豪州の先行事例から日本の評価の未来を考える」をテーマに、社会的インパクト評価の推進・普及してゆくために今日本に必要なアクションを議論しました。 Lawrence……

日本で初めての社会的インパクト投資・社会的インパクト評価に特化したコンサルティング会社のケイスリー株式会社で、多様なセクターの人々を巻き込みながら社会変革を起こしていくコンサルタントを募集! 社会の変化をより速く、広く、持続可能なものとするために多様なセクターを巻き込み「社会の仕組みそのものを変革」していく仕事です。 ■業務内容 社会変革に向け、「社会へのインパクトを可視化する評価」やそのインパクトを意図した「新たな資金の流れ」の仕組みを政府、投資家、NPO等多様な関係者を巻き込んで創生する仕事で、日本でも最先端の取り組みに関わります。 具体的にはソーシャル・インパクト・ボンドを含……

カテゴリ

アーカイブ